昭和37年(1962)非電化線区の主力ディーゼル機関車として、DD51形が登場しました。
最盛期には649両を数えたDD51は、量産の過程で寒地・暖地、旅客・貨物等のバリエーションが生じました。


●動力無し
●単品車両
●耐寒形・・・国鉄時代のA寒地仕様(北海道・東北・東海・新潟)をプロトタイプ
●「スノープロウ装備、旋回窓、ホイッスルカバー」
●フライホイール搭載
●ヘッドライト 点灯
●DCC対応(8ピンソケット)
●選択式ナンバープレート、選択式メーカーズプレート(日立・川崎)付属
●メーカー:KATO
●スケール:HOゲージ


パワーパック ハイパーD
HO 直線線路 (各種)
HO 曲線線路 (各種)
HO 手動ポイント (各種)
HO 自動ポイント (各種)

新入荷 DD51 後期・耐寒形【KATO・1-701】「鉄道模型 カトー」 HOゲージ-ディーゼル機関車

一覧