操作は簡単本体の丸いスイッチを切り替えるだけで位相の反転が出来ます。
スタビライザーも搭載しているので出音が逆位相で無い時でも音質向上効果があります。
エフェクターボードの先頭にレイアウトしてみて下さい。
エレキギター以外でもキーボードやその他電子楽器でも使用可能です。

【スタビライザーとは...】
通常楽器製造メーカーもアンプ製造メーカーもそれぞれ良い音が出るように設計し市場に出荷しています が、ユーザーは色々な楽器とアンプや音響機器などのメーカー同士を組み合わせて使用するため、気に入った音になる場合もありますがほとんどはいくらかの不満が残るのが現実です。
気に入った音の出るシステムはそれなりの高い出費を伴います。
そこで私たちは色々と組みあわせて使用する機器のメーカーの違いによるミスマッチを解消し、楽器の持つ本来の音が出せるような回路を設計いたしました。エフェクターなどを多用した場合、音がどうしても劣化しますが。この劣化を少なくすることができるようにいたしました。
コンプはきびきびした動作に、コーラスはきめこまやかに、ディレイはしっかり効果がでるようになります。アンプの場合は今までより各トーンのつまみを回したときの音域および変化量が多くなり、今まで使用していた感覚以上に幅広く効くようになります。
ギター、ベースなどの弦楽器は各弦のバランスがよくなり音に色気や艶があるのがよくわかるようになります。音のもやもや感が無くなり楽器のもつ本来の音をとりだす事ができるようになります。
古い弦でも新しい弦になったような音がでます。これは本来楽器より出力される音は、それほど劣化した音でもないのにアンプ等とのミスマッチにより劣化した音として出てしまうのです。
また、新回路では楽器のトーンコントロールの効きが一段と良くなりトーンボリウムポットの全位置での使用が出来るようになります。
ボリウムを絞ることによるハイ落ちも軽減できます。
最大入力レベルがプラス8デシベルもあるため出力レベルの大きい楽器まで対応します。練習スタジオ等の機材は劣化している物が多く自分の好みの音になかなか設定しにくいのですが、経年変化で劣化した性能分を補うためその時点でのベストマッチングにすることができ、ある程度の満足のいく音にすることが出来ます。
またデジタルで音を造っている音源のアウトに通すことによりデジタル臭さを軽減してアナログの音に近付ける事ができるようになります。
ウッドベースなどのピックアップの後から取り出してしPA卓へ通すことで大変クオリティの高い音で出力することが可能になります。 この場合楽器本来の音、グルーブ感のある音になります。ミキサーからのモニターへと返した音はステージ上の音により近づきます。

【主な仕様】
電源: 006P・ACアダプター(センターマイナス)
端子: 入力・出力・ACアダプター
入力インピーダンス: 1MΩ
出力負荷インピーダンス: 600Ω

【外形寸法】
幅(w): 80mm
奥行(D): 35mm
高さ(H): 20mm

男女兼用 EVA 【お取り寄せ品・ご予約受付中】 System Control Phase-エフェクター

一覧